株式会社ホーエイ

SORAVIVA BLOG
ソラビバブログ

ドローン講習で利用できる助成金は?

ドローンスクールで講習を受ける上で利用できる助成金は人材開発支援助成金となります。

人材開発支援助成金とは、厚生労働省が実施している雇用している労働者のキャリア形成を効果的に促進するため、事業主等に対して職務に関連した専門的な知識を習得させるための職業訓練等を実施した際の賃金や経費などの一部を助成してくれる制度です。

 

人材開発支援助成金の対象となるのは?

人材開発支援助成金の対象となるのは雇用保険に加入している被保険者となります。

この助成金を申請できるのは雇用保険適用事業所である事業主であるため、雇用保険に加入していない労働者や雇用保険に加入できない会社の取締役や役員が職業訓練等を受けても当助成金の対象とはなりません。

助成コースは以下の7つに分類されます。

  • 特定訓練コース
  • 一般訓練コース
  • 教育訓練給付付与コース
  • 特別育成訓練コース
  • 建設労働者認定訓練コース
  • 建設労働者技能実習コース
  • 障害者職業能力開発コース

このうちドローン講習で助成金の支給対象となるのは、特定訓練コース一般訓練コースとなります。特定訓練コースの方が対象者の要件の範囲が狭く、助成額、助成率は高くなります。

 

助成コース対象条件

特定訓練コース

(若年人材育成訓練)

  • 雇用契約締結後5年以内・35歳未満の雇用保険の被保険者である労働者
  • OFF-JT(職場外での訓練)により実施される訓練であること
  • 実訓練時間が10時間以上であること
一般訓練コース
  • 雇用保険の被保険者である労働者
  • 特定訓練コース以外の20時間以上の訓練に対して助成
  • OFF-JT(職場外での訓練)により実施される訓練であること
  • セルフ・キャリアドック(定期的なキャリアコンサルティングの確保)が定められていること

 

人材開発支援助成金の受給額、受給例

訓練区分賃金助成(1時間あたり)経費助成
中小企業中小企業以外中小企業中小企業以外
特定訓練コース生産性要件を満たさない760円380円45%30%
生産性要件を満たす960円480円60%45%
一般訓練コース生産性要件を満たさない380円380円30%30%
生産性要件を満たす480円480円45%45%

※生産性要件とは訓練開始日が属する会計年度の前年度の生産性とその3年後の会計年度の生産性を比べて6%以上伸びていること。

 

人材開発支援助成金の申請から受給まで

  1. 職業能力開発推進者の選任
  2. 事業内職業能力開発計画の策定
  3. 都道府県労働局へ訓練計画等必要書類の提出
  4. 訓練の実施
  5. 都道府県労働局へ支給申請書等必要書類の提出
  6. 労働局の支給審査が通れば助成金の受給

申請の詳細につきましては、厚生労働省、各都道府県の労働局へご確認ください。

人材開発支援助成金ー厚生労働省

雇用関係各種給付金申請等受付窓口一覧ー厚生労働省

お気軽に
お問い合わせください

0770-20-1188

営業時間 8:00~17:00
第2、4土曜・日曜・祝日 定休日

お問合わせフォーム

ページトップ