株式会社ホーエイ

METHOD
工法について

コンクリート構造物の
漏水止水補修工法

公共インフラを長寿化させるために、大切な社会資本である既設コンクリート構造物(トンネル、地下構造物等)を維持、補修していくことは大変重要な作業です。当社は平成16年より漏水止水対策工法である「スーパーロック工法」「ブロック工法」で、福井県内のみならず全国で既設コンクリート構造物の漏水止水工事の施工実績があります。
この工法は、国土交通省の新技術・新工法NETIS(ネティス)に認定登録されていた実績があります。

スーパーロック工法
スーパーロック工法は、コンクリート構造物に発生したひび割れ等による漏水を止水する工法で、注入材SP-1(ファインセラミックス微粒子)を構造物の背面側に注入することにより、構造物背面に止水膜を形成させて、コンクリート構造物との一体化よる補強効果を発揮すると共に、ひび割れなどの隙間にも浸透堆積し、修復する止水・補修工法です。
スーパーロック工法
ブロック工法
ブロック工法は、おもにトンネル・導水路覆工の漏水を止水する工法で、止水等による覆工に掛かっている水圧を排水樋などにより排水し、水圧を軽減させることと、スーパーロック工法を併用した工法で、長期的な止水補修効果を発揮します。

本工法は、国土交通省の新技術・新工法NETIS(ネティス)に認定登録されていた実績があります。

スーパーロック工法NETIS:NO.KK-980032
ブロック工法NETIS:NO.KK-980033

スーパーロック工法、ブロック工法の詳細は全国コンクリート漏水止水技術協会をご覧ください。

お気軽に
お問い合わせください

0770-20-1188

営業時間 8:00~17:00
第2、4土曜・日曜・祝日 定休日

お問合わせフォーム

ページトップ